KAWA BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 7/1 八郎潟釣行

<<   作成日時 : 2017/07/23 18:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

またも、厳しい状況でした
雨、風、濁りを考慮しての釣りを準備して、
行った筈でしたが

約5年振り位になる八郎潟のこの時期は
それまでの失敗を復習して望んだつもりでした。

しかし、釣りと言うのは『継続は、力なり』という
言葉通りだなぁと、
たまに釣りしているんじゃ
駄目だと思い知らされたのです

特にこの時期は、顕著に釣果に
現れる八郎潟だと思いました。

そして、個体数の激減。

2000年に行われた
JBワールド戦で
イマカツさんが話していた、
『八郎潟は後数年でピークを
迎え、バスは減って行くだろう』
と言うコメントを思い出していました。

減り過ぎだろう(怒)
そんな感じの釣行。

昔は、良かった・・
軽く100本は釣れたもんね・・

昔を追いかけると、
事故に遭う(笑)
そんな感じの八郎潟だと思いました。

時期とポイントと運か(笑)


当日、東部承水路のレンタルボートを借りて
レンタル屋は、6時からというので、情報を聞くと
午後からは強風により本湖には出られないと言う。

やや減水傾向で水は、濁っているとの事。


ここで、プロガイドの『ミカテツ さん』と遭遇。
今日もガイドだとの事。
ブログ通り、葦際にフリップドムをアプローチする釣り方で
バスを釣り上げているらしい。
朝のうちは、葦際を巻いても良いけど、多分打つ釣りが良いかも。
との事だった。


そんな感じで、息子と桟橋で準備を
していると、息子のDSに40アップがヒット
画像

思ったより、活性が良いのか?
そう思わせちゃう、バスでしたね

一応、親子で『そんなに甘くねぇ』を合言葉に
対岸から、実釣スタート
画像

取り敢えず、バジェットみたいなTOPからスタートも、
すぐに見切り、
一気に本湖のUFO辺りまで移動

こんなに遠かったっけ
25PSのエンジンでも遠いと思ったほどの時間。

本湖のリップラップは、思ったより綺麗。
ルアーは、ファットイカのノーシンカー放置リグと
懐かしのドゥドゥルビーバーの3gテキサスの放置を
ローテーション。

時々、1/4ozのスピナベを入れるが、根掛かりが多く
効率が悪くて断念。

兎に角、我慢で葦際のルアーを放置を繰り返す。


全く、反応無しで東部エリアにどっぷり入る事に

ここまでで既に昼の12時になっていた。

ヤバイ、ヤバ過ぎる
早くも、『ボーズ』の言葉が頭を過ぎる

風も予報通り本湖から吹く風が強くなって来ていた


東部の中の葦を遣っていこうと思い戻り始めたが、
大潟橋の桟橋をちょっと遣ろうと言うことで
浅い方から、順番に遣って行くと、息子のロッドが弧を描いた
次の瞬間、デカッという魚体が見えたら、
バレてしまった

風が当たる側の橋脚にドライブクローラーノーシンカー。
色は、プローブルー。

正直、共倒れはしたくないなぁと思った。


13時半過ぎ、休憩がてら桟橋に戻ると
ミカテツさんが居た。

ガイドしていた人は、フリップドムで8本釣り上げ
その内、1本が50アップだったので、早めに切り上げるらしい。

その釣り方を聞くと、合っていると思うが、
結果が出ない。

リップラップが見えていることは気にしないで
葦際に放置していたこと。
使用ルアーは、フリップドムだけ

              クゥ〜

なぜ、釣れんのじゃ

フリップドムが、レンタル屋で売って居ると息子が言う・・・
迷ったが、エリアを新生橋にかけて、変更する事で
再スタート

昔の記憶で何箇所か良い葦のある所に着いた。

ワタクシは、ファットイカをチョイス、
息子は、ボムスライドをチョイスで、

        イッセイのセイで、キャスト


すると、息子の3m左でバスが跳ねた

お前のバスじゃねぇか?と言ってやると
ラインテンションが伝わった瞬間、息子が引っ張られていた

デカイのか

そう聞くと、『メッチャ引く』との答え。
見ていても、デカそうだった

画像


画像

  見事な50アップ
    人生初の50アップ
    持っているな、コイツ・・・

そう思いながら、ポイントを替えようとしたら、
エレキ踏んでも進まない

          嫌な事が的中

          エレキのペラが無い

            まだ、16時なのに。
            なんて事だ。

           持ってな〜ぁい


そして、貴重な釣行が終了。。。。。
一応、明日の朝 遣っていくが、多分駄目・・・・
それも的中・・・・



後日、フリップドムとボムスライド購入した。
来年があるかわからないけど・・・・


八郎潟は、1日にして攻略できず。
出来れば、2日は欲しいなぁと思った釣行でした。
もし可能なら、1日目は、ミカテツさんガイドを





          へばまた!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
7/1 八郎潟釣行 KAWA BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる